2022年5月2日

愛知製鋼 前期売上高が最高 販価転嫁遅れ減益

 愛知製鋼が28日発表した2022年3月期の連結決算は、売上高が前期比27%増で19年3月期以来、3年ぶりに過去最高を更新。営業利益が同21・2%減などと各段階で減益となった。主力の鋼材・鍛造品の需要の増加による数量増、販売価格引き上げなどで売上高が増加したが、購入品価格の高騰に販価への転嫁が追い付かず、減益となった。期末配当は10円(年30円)を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)