2022年5月12日

日鉄物産 前期経常 最高益478億円 

 日鉄物産が11日発表した2022年3月期の連結経常利益は前期比86%増の478億円だった。「需要回復、鋼材市況上昇など事業環境が好転する中、中長期経営計画の施策実行効果も引き出し、18年度の364億円を上回る最高益となった」(竹内豊副社長)。純利益も2・2倍の354億円となり、13年度の最高益256億円を更新。期末配当を1株当たり160円から190円(前年同期110円)に修正し、年間配当を320円から350円(160円)に引き上げた。
おすすめ記事(一部広告含む)