2022年5月16日

日本製鉄 土木建材1.5万円値上げ

日本製鉄は堅調な土木建材需給動向と足元の原料、物流費、諸資材などのコスト上昇継続を受け、鋼矢板・鋼管杭など土木工事向け主力商品の販売価格を足元から本年度第1四半期に、トン当たり1万5000円の値上げを実施する方針を固め、商社、流通各社、ゼネコン・重仮設リース会社など需要家へ申し入れを開始した。5月末までの完全浸透を進めている同2万円に加え、本年度では同累計3万5000円の値上げとなる。
おすすめ記事(一部広告含む)