2022年5月24日

関東普通鋼電炉14事業所 5月粗鋼37万トン台に増

 関東地区普通鋼電炉メーカー14事業所による5月の粗鋼生産量は前年同月比1・7%増、前月比3・3%増の37万3200トン前後となる見通しだ。5月は大型連休があったものの、円安メリットを背景にビレット輸出を継続する動きがみられる。また、一部のメーカーで異形棒鋼の出荷数量が回復する傾向にあるなど、粗鋼生産量は前年同月比、前月比ともにプラスを想定している。

おすすめ記事(一部広告含む)