2022年6月28日

大同特殊鋼 点光源LED 新ライン本稼働 生産能力倍増月200万個

大同特殊鋼は28日、滝春テクノセンター(名古屋市南区)内の電子デバイス工場に、4インチウエハー対応の点光源LED「スターLED」の新生産ラインを導入し、6月から本格稼働を開始したと発表した。IoTや5G、電気自動車(EV)向けの設備投資拡大により、設備に搭載されるセンサー用途の点光源LEDの需要が急拡大していることに対応し、生産能力を従来比倍となる月間200万個に引き上げることで、顧客への安定供給を図っていく。

おすすめ記事(一部広告含む)