2022年7月15日

7―9月見通し 粗鋼需要2349万トンに増 輸出減を国内増が補う

経済産業省が14日まとめた2022年度第2四半期(7―9月)の見通しによると、出荷等相当粗鋼需要量は前期実績見込み比0・8%増の2349万トンと2四半期連続で増える。鋼材需要は国内の需要増を輸出減で一部相殺し、全体で増える。経産省金属課ではロシア・ウクライナ情勢、中国のゼロコロナ政策の影響のほか、原燃料高、自動車部品不足など需要の下振れ要因を指摘。在庫調整含め需要は注視が必要としている。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)