2022年8月1日

日本製電気めっき鋼板 インド、AD措置発動へ

 インド商工省は29日、日本製などの電気亜鉛めっき鋼板に対するアンチダンピング(AD)措置の発動を決定し、同国財務省に建議した。日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は、日本製の同鋼板の輸出が印国内産業に損害を及ぼした事実はないとする日本側の主張が退けられたことについて「不適切と言わざるを得ず遺憾」とのコメントを同日に発表した。決定の詳細を精査、印財務省の最終決定に向けて対応を検討する。

おすすめ記事(一部広告含む)