2019年5月30日

北野鉄連会長 中国内需、一定の底堅さ

 日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は28日の定例会見で、4月は過去最高だった中国の粗鋼生産に触れ、中国政府の景気刺激策の効果が一部表れたとする見方を示した。中国の増産も在庫の大幅増にはつながっておらず、中国の内需は一定の底堅さがあると指摘。一方で、地条鋼の再開が伝えられ「非常に懸念している」とし、中国政府の適切な対応に期待を示した。

おすすめ記事(一部広告含む)