2022年8月4日

玉造、ビルトH設備投資 矯正機増設、フレームプレーナー更新

 厚板溶断や溶接H形鋼の製作を手掛ける玉造(本社=札幌市、西村孝治社長)はこのほど、恵庭ヤード工場(北海道恵庭市)に設備投資を行い、溶接H形鋼歪矯正機の増設、フレームプレーナー1基を更新した。ビルトHをターゲットにした設備投資で、これによりBH製作ラインの増強、作業効率の向上を実現した。

おすすめ記事(一部広告含む)