2022年8月8日

関東地区 磨棒鋼市況が上昇 需要向かい風も流通強気

 関東地区の磨棒鋼市況は流通の販価引き上げの取り組みにより、上値寄りで展開しており、16ミリでトン当たり24万円どころ、50ミリで24万5000円どころが実勢化した。昨年初からの値上がり幅はトータル6万円。

おすすめ記事(一部広告含む)