2022年8月9日

日本製鋼所 4―6月期決算、減収減益に

 日本製鋼所が8日に発表した4―6月期連結決算は前期同期比で減収減益となった。受注高は素形材・エンジニアリング事業が増え、産業機械事業が減り、同4%減の833億7300万円。売上高は産業機械事業が前年同期並みの実績となり、素形材・エンジニアリング事業は減少。両事業ともに急激な原材料などの価格高騰を受け、損益は減益となった。

おすすめ記事(一部広告含む)