2022年8月18日

高炉主原料 価格下げ方向 鉄鉱石10―12月2割安

高炉大手の主原料の四半期調達価格は下げ方向だ。業界関係者によると、スポット市況の推移から、10―12月の鉄鉱石は7―9月比2割安の見通し。3四半期ぶりの下落。7―9月の原料炭は異例の高値だった4―6月に比べて4割超下がる。5期ぶりの下げ。足元のスポット市況には反転も見られる。中国の鋼材価格底入れなどを映して鉄鉱石には先高期待が出ており、下げ過ぎを修正している原料炭とともに、下げ一辺倒ではなさそうだ。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)