2022年8月18日

日本製鉄・JFEなど5社 海底地盤改良に鉄鋼スラグ由来材 広島港で新工法実証

JFEスチール、日本製鉄、五洋建設、東亜建設工業、日本海工は18日、鉄鋼スラグを使った軟弱な海底地盤の表層改良が可能なカルシア改質土のバッチ式原位置混合工法の共同開発で、広島港出島地区で実証試験を7月に開始したと発表した。国土交通省中国地方整備局、広島県の協力を受けて約2カ月実施する。実証後は公的評価の取得、実用化を進める。軟弱な海底地盤の浅層改良、浅場、干潟などの土留め潜堤、航路内への土砂流入防止堤、岸壁、防波堤周辺の洗掘防止などの用途拡大につなげる。

おすすめ記事(一部広告含む)