2022年8月25日

全鉄連7月3地区 建材販売16万トン維持

全国鉄鋼販売業連合会が25日発表した、東京・大阪・愛知の3地区を対象とする7月分の流通動態調査によると、建材6品種の販売量は前月比4・3%減、前年同月比0・9%増の16万2107トンとなった。前月比は2カ月ぶりの減少ながら16万トン台を維持した。7月の販売は盛り上がりを欠き、需要低迷が続いていると分析している。

おすすめ記事(一部広告含む)