2022年8月26日

名岐 世界最大級バンドソー更新 平板材加工2割向上

FUJIMAKIグループで、構造用鋼の加工・販売大手の名岐(本社=愛知県一宮市、柿本誠社長)はこのほど、世界最大級の全自動縦型バンドソーマシン1基と、自動バンドソーマシン1基をリプレースした。多様化するユーザーニーズに対し即納体制を維持、強化しながら事業の高度化を図るもので、平板材の加工効率を2割程度向上した。総投資額は付帯工事を含め約2億円。

おすすめ記事(一部広告含む)