2022年9月8日

日本製鋼所、欧州で射出成形機生産 ポーランドにKD拠点 大型機を短納期供給

日本製鋼所は7日、ポーランド・ワルシャワ市近郊に射出成形機の生産を手掛ける現地法人を7月に設立したと発表した。射出成形機事業の海外生産拠点は中国・寧波市、米国・ニュージャージー州に続いて3カ所目となり、欧州は初進出。同社が得意とする大型機械を主体に2023年から本格生産を開始し、自動車部品メーカー向けを中心に大型機の短納期供給を実現するなど需要家サービスを充実させることで、「23年度は年間300台、売上高は30億円を目指し、25年度までに同600台、60億円を目標に設定しており、将来的には100億円に照準を合わせる」(布下昌司執行役員成形機事業部長)方針だ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)