2022年9月12日

九飛勢螺、建築用ドリルねじ好調

 工業用ファスナーメーカーの九飛勢螺(本社=大阪市住之江区、新城公生社長)は、独自開発の建築用ドリルねじ「ピアスビス」の販売が好調だ。景気変動や建築需要など外部環境の変化がある中で、2010年代から年間国内出荷重量600トン以上を維持し続けている。「ピアスビスは低加重で打ち込め、はしごの上など不安定な場所での作業にも適している。切れ味に強みを持ち、刃先は独自の金型で、高品質を保っている」と新城社長は話す。

おすすめ記事(一部広告含む)