2022年10月3日

オウトクンプ、大型投資 バイオコークス・メタン導入

 欧州ステンレス大手、オウトクンプ(フィンランド)は先月30日、バイオコークスとバイオメタン導入に向けた大規模投資計画を発表した。気候変動対策の一環として、トルニオ工場(フィンランド)敷地内に、バイオコークスとバイオメタンガスのプラント設置を決めた。  製造プロセスの化石燃料依存を減らすことに加え、フィンランド国内のエネルギー自給率大幅向上に貢献することで、年間20万トン以上のCO2排出量削減を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)