2022年10月14日

ノボル鋼鉄、静岡に設備移設 商権を承継 ステンレス鋼熱処理対応

特殊鋼流通のノボル鋼鉄(本社=東京都千代田区、三上晃史社長)はこのほど廃業を決めた熱処理加工企業から熱処理設備と商権を引き継ぎ、静岡支店(静岡市駿河区)内に設備を移す作業が完了し、一部設備が稼働を開始した。同社は工具鋼などの熱処理を主体とするが、承継に伴いステンレス鋼の熱処理に対応する体制が整った。
おすすめ記事(一部広告含む)