2022年11月17日

関東普通鋼電炉14事業所 11月粗鋼37万トン見通し

 関東地区普通鋼電炉メーカー14事業所による2022年11月の粗鋼生産量は前年同月比3・5%減、前月比2・3%減の37万1400トン前後になる見通しだ。11月は異形棒鋼、形鋼類ともに一部のメーカーで出荷回復を見込む。異形棒鋼は大型再開発向け出荷が終盤に入っており、順調な出荷を見込んでいる。一方、市況の低迷によってアジア向けビレット輸出は難しく、関東粗鋼生産量は前年同月比、前月比ともにマイナスを想定する。
おすすめ記事(一部広告含む)