2022年12月9日

東光鉄工 洋上風力向けクレーン開発 関ケ原製作所と

東光鉄工(本社=秋田県大館市、菅原訪順社長)と関ケ原製作所(本社=岐阜県関ケ原市、矢橋英明社長)は8日、洋上風力発電の運用、維持管理に使用する国産ダビットクレーンを共同で開発すると発表した。同製品の国産化は初となるもよう。東光鉄工は補助金を活用して約8億円を投資した洋上風力専用工場の建設を計画しており、来春着工予定。2023年3月に展示会でのプロトタイプを展示し、同年度末までに出荷できる段階まで実用化する。
おすすめ記事(一部広告含む)