2022年12月19日

三井物産・金属 安定供給と脱炭素 二刀流 次期中計で「現実解」提供

三井物産の金属関連事業は2023年度からの次期中期計画でも安定供給と脱炭素の二刀流で対面業界に貢献する方針だ。鉄鋼原料、銅など非鉄資源、鋼材などの安定供給を継続し、原料炭も移行期に必須の原料として安定供給を続ける。脱炭素などの社会的課題には「現実解を与えるのがわれわれのミッション」(宇野元明専務)とし、需要増が見込まれる還元鉄や電池材、リサイクル関連など、とりわけ脱炭素関連の案件実現に力を入れる考えだ。
おすすめ記事(一部広告含む)