2022年12月19日

アカシ、3棟で太陽光発電 本社外壁刷新 今期、設備を再構築

厚鋼板加工業者のアカシ(本社=愛知県高浜市青木町、加藤純也社長)は、本社および碧海第1・第2工場(同市碧海町)3棟の屋根に太陽光発電設備を設置し、11月から稼働を開始した。総計毎時約275・7キロワットの発電力を持ち、各工場で自家消費する。従来比約15%の電力料金の削減につなげるとともに、脱炭素社会への貢献も図る。本社工場では同時に外壁のリニューアルも実施した。今期(2023年10月期)には、本社工場のレーザーを碧海工場に集約するなど、設備体制の再構築を計画。生産性の向上を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)