2022年12月23日

愛知製鋼 印バルドマンの鋼材供給 東南ア拠点向け来月開始

愛知製鋼は22日、同社が2019年から資本提携し、技術支援してきたインドの特殊鋼メーカーであるバルドマン・スペシャル・スチール(本社=パンジャブ州ルディアナ市、サチット・ジェイン社長)から愛知製鋼ASEAN鍛造拠点(タイ、インドネシア)への鋼材供給を、23年1月から開始すると発表した。供給量は足回りやエンジン、トランスミッション部品向けに、23年度中に年間約1万2000トンを計画。その後はさらに生産能力を拡大させ25年度で同約2万3000トンを、将来的には同約3万トンを目指していく。
おすすめ記事(一部広告含む)