2022年12月26日

中国、23年鋼材需要減少予想 不動産市場停滞が長期化

 【上海支局】中国政府系シンクタンクの冶金工業規画研究院はこのほど、中国の鋼材需要量が2023年に前年比1・1%減の9億1000万トンと3年連続減少する予想を明らかにした。22年予想は3・1%減の9億2000万トン。不動産市場停滞の長期化を織り込んだとみられる。ロシア・ウクライナ紛争の影響で欧州の需要減を見込み、国内外で市場の回復が遅れることから23年の中国の粗鋼生産は1・0%減の10億トンと3年連続で減る予想だ。
おすすめ記事(一部広告含む)