2022年12月27日

信栄機鋼、松山にCO2レーザー 中四国で最適加工体制

 日鉄物産グループのステンレス流通、信栄機鋼(本社=大阪府大東市、石井勇起社長)は、松山支店(愛媛県松前町)に6キロワットCO2レーザー切断機1台を導入、今月から本格稼働を開始した。グループ中長期経営計画における成長戦略の一環で、本社工場の補完的な機能と、中四国エリアの需要対応およびコスト最適化を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)