2023年1月6日

豪産原料炭市況が上伸 中国の輸入再開を期待

豪州の原料炭市況が年明けFOBトン300ドル(3万9400円)を超え、1割ほど上がってきた。業界関係者によると、中国が一部鉄鋼、電力会社向けに豪州炭輸入禁止の解除を検討していると報じられ、2年半ほど途絶えていた中国の買いが再開する期待で相場が上がったようだ。輸入解禁の時期ややり方、需給に対する影響などこれから見極めが要るが、中国が豪州炭解禁に向かえば、北米炭と豪州炭の値段が大きく乖離するなどの不自然な状態は解消しそうだ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)