2023年8月9日

高炉3社、通期上方修正 実力利益 販価是正進める

高炉メーカー3社の2024年3月期の連結業績予想が8日に出そろい、いずれも棚卸資産評価差等除く実力の利益を上方に修正した。日本製鉄の実力の連結事業利益予想は8400億円(前回予想8000億円)、JFEホールディングスは同3150億円(2800億円)、神戸製鋼所の実力の連結経常利益予想は1460億円(1300億円)。建設需要の不振や海外鋼材市況軟化を受けて粗鋼生産量は低くとどまるが鋼材販売価格の是正によるスプレッドの改善やコスト削減を継続し、収益力を高めている。自動車の電動化など市場の変化や脱炭素への対策に向けて設備集約など構造改革の実行や海外事業の強化、マージン確保に努め、高収益を持続する体制を固める。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)