• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年10月31日

東京製鉄 経営戦略を聞く 西本利一社長 熱延コイル 18年度生産 田原、120万トン計画

東京製鉄 経営戦略を聞く 西本利一社長 熱延コイル 18年度生産 田原、120万トン計画

――まず2018年4―9月期決算をどのように評価しているか。

「4―9月期決算は期初計画に比べて、収益は上振れしたものの、鋼材出荷数量計画が未達となり、満足できるレベルとは言い難い。本来であれば前年同期比で増益になる可能性もあったが、鋼材出荷で不備が生じ、またコスト削減で詰め切れなかった部分があった」

――18年度上期で注力した点は。

「田原工場の操業安定化に取り組んだことが大きい。田原は熱延コイルの生産数量が拡大したものの、増産に対応するための出荷体制の構築が遅れたため、岡山工場から半製品であるスラブを輸送できず、期待していたレベルでの増産に至らなかった。田原には岸壁クレーンが3基あり、1基は原料用、1基は製品用、もう1基は原料と製品兼用になっている。生産増に対応するには兼用クレーンの稼動率を上げ、効率良く出荷作業を行う必要があるものの、上期は苦戦した。9月には出荷体制を構築することができたが、台風影響もあり、10月以降はスムーズに出荷することができている。岸壁クレーンは1基増設する計画で、19年6月には製品用が2基体制となり、田原の鋼板出荷数量は月間最大で12万トンまで引き上がる格好だ。また田原では製鋼工場のトンパワーをアップするため、全社横断組織を作り、中上正博・宇都宮工場長を責任者とし、田原の製鋼をテコ入れした結果、チャージ数は1日当たりの昼夜フル操業ベースで、従来の22から25に1割アップ。真空脱ガス設備を用いた操業では17から25まで上がっており、2―3割増えたことになる。田原の製鋼生産量は月間8―9万トン。10月は10万トンに少し届かないレベルにまで到達している。出荷が正常化したことなどで、田原工場の18年度生産量は製鋼が前年度比17万トン増の110万トン、熱延コイルは30万トン増の120万トンを計画している」

――宇都宮工場でも出荷ネックが生じた。

「建設現場の進捗遅れもあり、 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/11/16
H2新断プレス
32300円 (-400)37600円 (-300)
3.44ドル (―)2.56ドル (―)

 換算レート (TTS) 114.65円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/11/16調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200069000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8700087000
鉄スクラップ
H22350019000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 729 724 727 722
電気亜鉛 338 332 338 332
電気鉛 275 272 275 272
アルミ二次地金 99% 207 202 207 202

非鉄金属市場価格へ