2021年3月10日

東日本大震災から10年ー立ち上がる被災地ー(3)福島 「再生」担う災廃処理施設 水素エネ社会モデル創出へ

東京電力福島第一原子力発電所の事故によって時が止まった福島県。放射線を除染する、という途方もない作業は見えない敵との闘いだった。原子力緊急事態宣言が発令される中、5カ月後の2011年8月に放射性物質汚染対策特別措置法が制定され、国直轄地域として田村市、南相馬市、川俣町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯館村の11市町村が、環境大臣による除染特別地域に指定された。

おすすめ記事(一部広告含む)