2021年3月24日

点検 鉄鋼市場 4―6月 条鋼・鋼管

条鋼 4―6月 荷動き低位、市況踊り場 流通の価格転嫁は長期戦

条鋼類の市況は踊り場を迎えている。昨年末から1月入り後にかけて形鋼類や異形棒鋼の市況は大幅に上がったが、その後は上昇速度が鈍化。原料価格の高騰を受け、メーカー側は価格重視の姿勢を保つが、建築需要は中小案件の減少が鮮明となっている。当面、市中の荷動きは低位安定の状態が継続するとみられ、4―6月の条鋼類の市況は上値の重い展開が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)