2021年4月9日

工場ルポ 千代田鋼鉄工業・綾瀬工場 新電炉でCO2排出削減 環境対策の強化加速 操業体制変え生産効率化

異形棒鋼・カラー鋼板メーカーの千代田鋼鉄工業(本社=東京都足立区、坂田基歩社長)は電気炉を更新したことで、綾瀬工場(東京都足立区)の生産性およびエネルギー効率が向上している。「新電気炉の導入効果で綾瀬工場全体のCO2排出量を約3%削減できる。今後は老朽化している圧延機の更新や各種環境対策を強化することで、将来的に7%程度の削減を目指す」(坂田社長)方針。

おすすめ記事(一部広告含む)