2021年6月23日

需給・市況を診る/鉄筋棒鋼・形鋼類/JFE条鋼取締役常務執行役員 中島秀彦氏/下期以降の回復に期待

――鉄筋棒鋼、形鋼類の市場環境から。

「大規模再開発案件や土木など一部分野を除いて建設工事の端境期が続いており、特に中小案件向けで出荷低迷が長引いている。一方で建設関連の各種統計を見た場合、1月以降は全体的に底打ち感が見られ、マーケットはこれから回復基調に入るのではないか。新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言の再発出もあって、4―6月と7―9月の製品出荷はコロナ禍で厳しさが増した前年同期比で横ばい傾向が続くものの、ワクチン接種が進むこともあり、下期以降に回復すると期待している」

おすすめ記事(一部広告含む)