2021年6月23日

大紀アルミの資源戦略/林繁典取締役(資材管理部担当兼TQM推進室長)に聞く/高度循環型社会を構築

昨秋、インド工場が本稼働し、日本・中国・アセアン・インドの4極体制が整った大紀アルミニウム工業所。直近では2030年に目指すべき姿「DAIKI∞NEXT∞」を策定し、今後は低・脱炭素社会への貢献や高度リサイクルシステムの構築を加速させる。このほど、林繁典取締役専務執行役員(資材管理部担当兼TQM推進室長)に、足元の原料動向や中国情勢、今後の展開などを聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)