2021年10月22日

本紙鋼材流通調査(下)/条鋼市況なお強気/需要期待は「建築」トップ

 産業新聞社流通取材班が10月中旬までに関東、関西地区で実施した鋼材流通アンケートによると、2021年度は上期に鋼材価格が上昇する一方、薄板、厚板の鋼板類を中心にメーカーからの納期や引き受け絞り込みなどにより需給タイト感が急速に広がったことが分かった。上期は新型コロナウイルス感染の拡大による経済活動が停滞から回復。自動車では半導体不足やコロナが再拡大する東南アジアからの部品調達難による減産もあるが、工作機械、建・産機など製造業分野を主体に堅調推移。建設分野も都市部の再開発プロジェクトや工場、物流倉庫など大型案件が伸び、一定水準を保った。先行き市況は「上昇・強含み」の回答が最も多く、強基調が続くとの見方が大勢を占めた。

おすすめ記事(一部広告含む)