2021年10月21日

本紙鋼材流通調査(上)/メーカー納期遅れ7割超/下期の価格転嫁、関東強気

鋼材市場が新型コロナウイルス禍から回復の動きを鮮明にする中、鉄鋼メーカーによる昨年来の相次ぐ値上げを受けて鋼材流通・加工業では価格転嫁を進め、2021年度上期末までに販価はおおむねトン当たり3万円から5万円程度引き上げられたことが分かった。今後も1万円から2万5000円の値上げを目指す。販価上昇の一方、伸展する需要に対し、鉄鋼メーカーは生産余力に乏しく、供給難を招き、市場にはタイト感が広がる。流通段階では7割以上がメーカーからの納期が遅れているとし、1カ月から3カ月程度の納期遅れが発生している。引き受けカットも実施され、10%から30%レベルカットされ、薄板、厚板など鋼板類を中心に鋼材の入手難が顕在化する。

おすすめ記事(一部広告含む)