2021年10月28日

鉄鋼業界で働く/女性現業職編/インタビュー(上)/周囲も協力、体格差克服/想像よりきれいな現場

 JFE条鋼の鹿島製造所(茨城県神栖市、中村宗二・常務執行役員所長)は、製造現場での活躍を期待する女性社員を積極的に採用しており、検査部門で小神野莉沙さんが、生産管理部門で菅谷希未さんがそれぞれ作業に従事している。鹿島初の現業系女性社員となった小神野さん(2017年4月入社)、高校の後輩である菅谷さん(20年4月入社)に鉄鋼業界への思いや、仕事の魅力などを聞いた。

 ――はじめに、JFE条鋼に入社したきっかけを教えてください。

 小神野「高校3年(茨城県立波崎高校)の春、授業の一環として鹿島製造所を見学する機会があって、そこでJFE条鋼を知り、ダイナミックな電気炉溶解を見て感動したのがきっかけです。JFE条鋼を第一志望で就職活動を進めてきましたが、募集要項の性別、学科が不問で、実家から近く通いやすい点も決め手に。じっとしているのが苦手なので、体を動かす仕事に携わりたいと思っていました」

おすすめ記事(一部広告含む)