2021年10月29日

鉄鋼業界で働く/女性現業職編/インタビュー(下)/プレッシャーから責任感に

 ――小神野さんは鹿島製造所初の現業系女性社員ですが、プレッシャーはありましたか。

 小神野「製造現場で働く一人目の女性社員として、プレッシャーを感じていました。新入社員で仕事もうまくこなすことができず、『やはり女性社員は仕事ができない。採用しなければよかった』と思われてしまえば、菅谷さんをはじめ働きたいと願う女性が続くことができなくなります。ただ、徐々に仕事に慣れていくにつれて、そのプレッシャーが良い意味での責任感になってきました。頑張らなければいけないというネガティブな方向ではなく、責任感を持って仕事をするというポジティブな方向に感情が向かうようになり、仕事に対するモチベーションに変わっていきました」

おすすめ記事(一部広告含む)