2021年12月10日

三菱商事の事業方針 総合素材グループCEOに聞く 塚本光太郎常務 利益の質、持続的に高める 産業横断的に物流効率化

――2021年4―9月期は連結純利益が208億円となった。

 「前年同期比では213億円改善した。総合素材グループは収益の7―8割を自動車および建設・インフラ関連が占めており、米国、中国など主要国で素材需要が回復する中、取り扱い数量が増え、鉄鋼製品、炭素材、塩ビ樹脂などの商品価格が上昇し、当グループの事業は全般的に好調だった」

おすすめ記事(一部広告含む)