2022年1月21日

薄板流通のトップランナー/五十鈴グループ創立70周年/鈴木貴士代表インタビュー/「人財」への投資継続/「ソーシャルグッド」実現へ

 日本製鉄―メタルワン系の大手コイルセンター、五十鈴(本社=東京都千代田区、鈴木貴士社長)はきょう21日、創立70周年を迎えた。1952年、東京・神田で五十鈴鋼材(現五十鈴)として設立され、薄板の大量生産・大量消費時代の到来を予感した創業者・鈴木實氏の手により、創立2年目にして”薄板専業”となった。以来、積極的に拠点網の拡充を進め、高度成長の波にも乗り、関東から東海にかけて年間100万トンの加工・販売体制を築き上げ、今日まで薄板流通のトップランナーとして走り続けている。常に時代の最先端を意識した経営で、業界内外に広く影響を与えてきた五十鈴の70年の歩みを鈴木貴士・五十鈴グループ代表(五十鈴社長)に振り返ってもらった。

おすすめ記事(一部広告含む)