2022年2月1日

UACJの板事業戦略/田口正高専務執行役員に聞く/アルミ再生率向上に寄与

 UACJは世界的な半導体需要を受けて製造装置向け厚板の増産を進める。自動車材の復調や海外の缶需要の伸びなど事業環境は好転に向かいつつある。2022年はどのような事業を展開するのか。板事業本部長の田口正高専務執行役員に聞いた。

 ――22年はどのような年か。

 「22年度は19年10月から開始した構造改革の最終年度。構造改革を完遂し、筋肉質な会社にする。成長分野・成長市場にも注力し、基盤を強化していく。昨年はマグネシウムや金属シリコンといった副資材価格が高騰した。4月以降も副資材の価格が上昇することがあれば、価格転嫁をお願いする可能性はある」

おすすめ記事(一部広告含む)