2022年3月16日

住友金属鉱山/中期経営計画を聞く/(上)/野崎明社長/3年間で総額6030億円投資/電池材・製錬・資源で連携/労働災害削減の取組み推進

住友金属鉱山は2022―24年度の3年間で総額6030億円を投資する中期経営計画(21中計)を発表した。資源および製錬との連携によりリチウムイオン電池のニッケル系正極材をリサイクルを含めて拡大する戦略などを盛り込んだ。新型コロナウイルス禍と金融緩和の終了にウクライナ情勢の悪化が加わり事業環境は一段と不透明になった。どのようなかじ取りで成長戦略を軌道に乗せるのか。野崎明社長にインタビューした。

おすすめ記事(一部広告含む)