2022年5月12日

ルポ/泉州電業・長久手ハウス/ヒーター線で農業の未来開拓/加熱・保温応用、他産業でも

後継者不足に悩む日本の農業。ここにきてトラクターなどの農業機械や、ビニルハウスの促成栽培に欠かせない石油代高騰が問題になっている。法人運営による省人化・省エネの農業ビジネスモデルが模索される中、電線流通大手の泉州電業はこのビジネスに向けた新商品の需要開拓に注力している。同社の試験農園「長久手ハウス」を取材した。

おすすめ記事(一部広告含む)