2018年11月6日

社会人野球日本選手権 JFE西日本、勝利

第44回社会人野球日本選手権は、4日に登場したJFE西日本が、宮崎梅田学園に6―0で快勝し、2回戦に進出した。

JFE西日本には約4500人の大応援団が集結。JFEホールディングスの林田英治社長、JFEスチールの柿木厚司社長をはじめ本社役員陣、JFEグループ幹部と多くの取引先関係者が京セラドーム大阪へ応援に駆け付けた。

試合はソロ本塁打でJFEが先制すると、3回も2本の長打で5点を加えてリード。先発の河野竜生投手は初出場の相手打線を散発3安打に抑え、大会一番乗りとなる完封勝利を挙げた。

試合後、柿木社長は「まずは1勝にほっとした気持ち。今年は特に災害が多く、西日本豪雨でもグループ社員や製鉄所の近隣地域の方が大変な思いをされている。きょうの1勝が皆さんを元気づけ、励みになってくれれば。次も強い相手となるが、この勢いで勝ってほしい」と語った。

JFE西日本は、7日午後6時開始予定で東海理化と対戦する。

おすすめ記事(一部広告含む)