• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年10月18日

日酸TANAKA、CO2開先レーザー切断機を発売 設置スペース大幅低減

 日酸TANAKAは10月から、発振器搭載型CO2開先レーザー切断機「LMZVシリーズ」の販売を開始した。切断機本体の設置スペースを約36%低減したほか、新開発した開先切断トーチブロックにより、ロスのないスムーズな開先動作を実現した。省エネ機能なども兼ね備えており、本体価格は6600万円。

新製品・新技術 業界納入実績No.1の開先レーザー切断機をさらに進化させ、切断機本体を大幅にコンパクト化したほか、従来のLMX7Zレーザー開先切断機と比較して、有効切断幅で最大400ミリ、有効切断長で最大2000ミリ拡大した。

 また、開先姿勢制御(角度・旋回制御)を一新した開先切断トーチブロックにより、開先切断時のピアシングまでに要する時間を約30%短縮。同社が行った切断サンプル形状では、トータルの加工時間も約10%短くなった。

 このほか、LMRVレーザー切断機で採用した省エネ機能「モーター電源回生方式」、「スタンバイ機能」、また、「切り落ち傷低減機能」、「GOS機能」なども標準装置しており、生産効率アップにつながる同シリーズの拡販を図っていく。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/04/27
H2新断プレス
25800円 (-700)28800円 (-700)
229.64ドル (-6.27)256.34ドル (-6.28)

 換算レート (TTS) 112.35円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/04/27調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5600055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H21650015000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 657 652 655 650
電気亜鉛 329 323 329 323
電気鉛 299 296 300 297
アルミ二次地金 99% 231 226 231 226

非鉄金属市場価格へ