• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年6月28日

半製品・薄板、輸出価格回復も物量減

 アジアの半製品・薄板マーケットが混沌としている。韓国POSCOの値上げ、中国の輸出増値税還付の撤廃などにより、価格に回復気配が出る一方、中国・韓国の在庫調整などもあって、数量的には減少が見込まれているためだ。7―9月積みの輸出商談は、先週末までは多くのケースでなお様子見が続いている。

 商社筋は「高炉原料価格の上昇を考えれば、短期調整の後、(市況)上昇に向かうことになるのだろうが、物量がいつ回復するかは分からない」と困惑気味。国内需要の低迷の中、好調な外需を支えに、薄板などの鉄鋼生産を回復させた高炉メーカーだが、7―9月期はホットコイルを中心に、スラブや薄板の輸出量減少は避けられないもようで、中には8月から薄板の調整減産を行う検討に入ったメーカーもあるようだ。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ