• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年8月14日

12年上期回顧と秋口見通し、関東・Ni系ステン冷薄

 関東地区のニッケル系ステンレス冷延薄板は、昨年から在庫率が2カ月を超える水準が続いていたが、年初からのニッケル価格上昇を背景に製品の先高観が台頭し、需給バランスも改善、国内需要は緩やかに回復の兆しを見せていた。伴って在庫率も1カ月台に下がるなど、約1年ぶりに市況上昇の下地は整えつつあった。

 しかし、3月後半からのニッケル価格下落により、ニッケル系ステンレスの市中販売量は急減し、4月の全国ステンレスコイルセンター工業会統計ではニッケル系冷延品は前月比12・4%下落。一転して先安観がマーケットを支配した。

 以降、荷動きは低迷。流通の収益は4、5、6月と月を追うごとに悪化した。メーカーも前期の経常赤字を引きずるように、4―6月の収益は一貫メーカー全社が赤字に陥った。医療向け、業務用厨房など、一部業界におけるステンレス需要は堅調に推移したが、一般建築向けは低迷し、ニッケル系もその影響を受けた。

 「価格の独り歩き」に対しては、慎重な受注姿勢を保つ流通もあるが、期末となる9月には再び「局地戦から全体市況に波及する」(都内流通)と懸念する声が高まっている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/03/23
H2新断プレス
29400円 (―)32300円 (―)
261.38ドル (0.56)287.16ドル (0.61)

 換算レート (TTS) 112.48円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/03/23調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5400055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7100073000
鉄スクラップ
H22050017500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 668 663 666 661
電気亜鉛 355 349 355 349
電気鉛 307 304 307 304
アルミ二次地金 99% 223 218 223 218

非鉄金属市場価格へ