2016年12月2日

中国、原料先物価格が急伸 コークス、1カ月で1.5倍

 中国の原料関連商品の先物価格が急伸している。大連商品交易所のコークス価格は30日終値トン2721・5元(約4万4600円)と前週比13・9%高、1カ月で1・5倍に上がった。原料炭や鉄鉱石の先物価格も急騰している。投機マネーが先物市場に集まり、供給が不足する石炭関連商品の価格を刺激している。中央政府のインフラ投資などで鉄鋼需要が堅調な中、来年1月末の春節(旧正月)まで価格の上げ基調が続く見方が広がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)