2018年8月14日

中国シリコマンガン事情 メーカー、稼働率5割を下回る

 中国のシリコマンガンメーカーの稼働率は50%を下回ったままだ。中小企業が大半を占め、能力が過剰で競争が激しいため。環境圧力も高まり、メーカーが対処に動き始めている。7月の内モンゴル自治区の合金鉄会議で五砿湖鉄(内蒙古)鉄合金の范耀煌総経理は「生産規模の集約、設備の現代化、最適地での生産に転換しつつある」と業界の趨勢を示した。

おすすめ記事(一部広告含む)