2019年3月27日

中国熱延コイル市況、4カ月ぶり4000元に上昇

 中国の熱延コイル市況が4カ月ぶりにトン4000元(約6万7000円)に戻り、前年同期の水準に並んだ。春の需要期を迎え、在庫を抑えてきた流通や需要家が買いに動き始めた。原料コストが上昇した鉄鋼企業が値上げに乗り出し、市況の先高観を強めている。債務リスク回避と統合再編の原資確保に向け、収益を重視する鉄鋼企業の販売政策が市況を上値に誘うようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)